2019年6月5日

6月 05, 2019
21時16分。アトリエも涼しい。 こもるにはちょうど良い。窓を開けていると気持ちいい。 ほんの数ヶ月前は寒くて鼻の頭が冷たくなっていたのになあ、と思う。 こんなことしてるとすぐに、今年ももう終わりかあ、とかいうことを書く日がきてしまいそうなので怖い。 とりあえずすぐに作品に繋がらなくても、考えてみたり、本を読んだりする時間を作りつつ過ごす。   大学生の時、一人暮らしの夜の時間を持て余し […]
Read More

2019年6月4日②

6月 04, 2019
展覧会が終わって、2週間経ちました。搬出も一昨日終わりました。 今年に入って2つの展覧会を終えて、今、少し立ち止まる感覚があります。 この数年、何だか随分と閉塞感を感じていたように思います。制作を続けて行くことや、年齢や性別、それにまつわる色々なことごと。 こうしなきゃダメだとか、こうすべきだということを自分で沢山並べ立てて、 何だか変な諦めみたいなものとどう折り合いをつけて生きていけるかを考えて […]
Read More

2019年6月4日①

6月 04, 2019
仕事から帰ってきて、2日間も更新休んだから今日は更新するぞ、と一人で勝手に設けたノルマについての 責任を感じていたのに、更新の前にちょっとだけ仮眠しようと思ったら、もう日をまたいでいたので4日として。   やらなきゃと思うことを残して微妙な眠り方をしていると、いろんな夢を見る。 そういう時は起きた時に少しだけ、「ちぇっ、夢か」と思うような内容の夢を見ることが多い気がする。 とりあえずさっ […]
Read More

2019年5月31日

5月 31, 2019
仮眠をとって、もう少しで搬出に出発します。 今回の展覧会では何をするにも、考えるにも、「距離」が切り離せませんでした。 物理的な距離は時としてネックにも感じること多かったのも正直なところではありますが、 今まで何の気なしにやっていたことの一つ一つに考え直させられるところもあり、大切な時間だったように思います。 移動の途中に考えることや、移動先でもその「距離」を隔てた場所に対する行為への必然性につい […]
Read More

2019年5月30日

5月 30, 2019
明日の夜は京都に向けて出発です。とうとう撤収。 約2ヶ月ぶりの夜通しドライブです。   2月28日辺りの日記に、ゴミの日の写真として挙げた会場近くの家の庭の壁に設置してあったビニール。 何度も京都に通ううちに、これはゴミの日のゴミカバーではなく、壁の補修として設置してあるモノなのだということに気がつきました。 補修としてはかなりワイルドな造りなので、なかなか気がつけず。何度目かで、やっと […]
Read More

2019年5月29日②

5月 29, 2019
仕事で、とか何とかで、デッサンをすることがある。 描いてると、結局のところ昔から手を動かすことを好ましく思っていることを再確認する。   だから、自作の制作の時には気をつける。 好ましいことから、ちょっと距離を測る。離れたところから見るくらいで今はちょうど良い。 それは、意気地が無いだけの行為なのもしれない。 でも離れないと好ましく思っていたかもどうかもわからないし、その好ましさが何なの […]
Read More

2019年5月29日①

5月 29, 2019
日をまたいでしまったので29日として。 アトリエが今夜は暑く無いので嬉しい限り。   少しだけ目標ができた。よくわかんなさも増えた。とりあえず、できることからやろうと思えた今日この頃。 ちょっと頭が痛くて、眠い。特に思いつく事も無かった、なんとなくの更新。 でも、多分大事な更新。 もう水曜日が54分始まってしまった。  
Read More

2019年5月27日

5月 27, 2019
うつした事にも、うつりこんだ事にももう記憶は薄ぼんやりとしかない。 その記憶すらも、そこで固着して、張り付いて留まっているイメージから得た、原本に限りなく似たようなものでしか無いのかもしれない。 見返す時にはもう過去のものとなったその瞬間を、反復して見る事で更に摩耗させ、意味をすり替えていっているようだ。 でも、それすらも無ければ容易に脳裏から消えて行くイメージ達。 元の形のままの保管は不可能だと […]
Read More

2019年5月26日

5月 26, 2019
朝の5時くらいでももう明るい季節になってしまった。   寒い季節はまだ夜のように暗くて、外に出て走ったりしていても道がとても暗い。なぜか夜よりも暗い気すらする。 日中に見えていたものが見えなくなって、知ってるはずの道が見知らぬ場所のように感じ、近所の道なのに少し怖くもあり、楽しい。 徐々に日の出が近くなってくると、空の色が明るくなり始め、シルエットのように見えていたものに陰影ができ、質量 […]
Read More

2019年5月25日

5月 25, 2019
    昨日から何か書こうとして、失敗して、寝落ちして、今日もしばらくの間、パソコンとにらめっこしながら書いては消して。 一旦ギブアップ。   山は時々、塊のようにしか見えなくて、細部を想像できなくなる時がある。 山に足を踏み入れると、全体像に意識を持っていけなくなって、細部のことしか考えられなくなる。    
Read More