2017年11月20日

11月 20, 2017
展覧会の真っただ中です。今回は長野県松本市。 松本は昔から好きな街でした。旅行に行くことが多かった場所で、知り合いができ、展覧会をすることができるようになるまで数年。 去年の今頃は、まさか松本で展覧会ができるなんて夢にも思ってなかったのに、不思議な感覚です。 9月の中頃から週末のたびに通っていて、旅行では気が付けなかった街の魅力を発見し、ますます好きになりました。 作品も今までと地続きでありつつも […]
Read More

2017年9月11日

9月 11, 2017
机の上の痕跡を拭くと、その痕跡が布に吸収されて、消えるわけではなく移動しているのでは、と思います。 回を重ねていくと、移動した痕跡たちは、時間軸もなくなり、一枚の端切布に寄り集まり、別のものへとなれるのでしょうか。 変化は積み重ねによるものでもなく、出たり入ったりしながら、痕跡たちは知らないうちに自分とは遠く離れて、元の姿を忘れ、 新しい姿でまた移動していくのでしょう。
Read More

2017年3月13日

3月 13, 2017
随分と久しぶりの更新です。 2016年の展覧会を2つ終えて、もう2017年も3月になりました。最近思うことは、自分のこれからの作品や展覧会について。 今までの流れや、考えていたことが徐々に変化しつつあることを強く感じる一方で、まとまらない思いに長い時間、 ただ茫然と過ごすことが多くなったような気もしています。 そんなとき、いつも思うのが、もう何にもできないんじゃないかということ。 何にもしたくない […]
Read More

2016年9月5日

9月 05, 2016
こんな写真もありました。  
Read More

2016年9月5日

9月 05, 2016
やっとHPを更新しました。 改めて展示記録を画像で見てみると、自分の記憶の中だけで整理していたつもりになっていたものが、違った角度で見れる気がして、やはり 大切だなあと実感しました。 6月の展示がおわってしばらく、解消できない疑問が自分の中にたまっていましたが、少しずつ動き出せそうなきもちになってきました。 言葉で考える作業も、ゆっくりではありますが今後試みていこうと思います。  
Read More

2016年3月9日

3月 09, 2016
最近関わったことへの覚書としての散文を。   作品はどの段階からモノや素材から作品になり、どの段階からモノや素材(もしくはゴミ)になるのだろうか。それは作者や鑑賞者の判断だといえばそれまでなのかもしれない。 しかし、そこに判断可能な作者はいない。゙想い゛を知る周囲の人間には冷静な判断は不可能かもしれない。 作品に想いは必要なのかもしれないが、必要以上のそれにあふれた場合、もうそれは作者の […]
Read More

2016年1月15日

1月 15, 2016
ふと気がつけば2016年。個展が終わって1ヶ月近くが経とうとしています。 なにかと慌ただしかった時期も過ぎたので、少しずつ展示を振り返る意味も込めて、ぼうっと考えたりする時間を持つようにしてみています。 少しずつでも言葉にしてみたり、新たな制作を始めてみたりしていきたいと思いちょっと足踏み状態。なかなか整理がつきません。 でも、これを足踏みととるか、ぐぐっとジャンプの力をため込んできているととるか […]
Read More

2015年12月12日

12月 12, 2015
展示中は、なんとも不思議な心持になります。 まだ言葉にはまとまらないけれど徐々になにかが見えてくるようにしたい、と思う自分と、 このわからない感覚をどこまで新鮮に感じていられるか、と思っている自分と。 その矛盾も楽しみつつ、この時期を大切に過ごそうと思います。
Read More

2015年11月26日

11月 26, 2015
      群馬県の前橋市で展示をします。 時間があれば現地へ行き、設営したりの日々です。この頃は前橋に出かける率が高く、なんだか不思議と親近感がわいてきています。 というのも、地元に近い事が大きな理由かと思われます。埼玉のはじっこの出身の私は、出かけると言ったら群馬県。 ちょっとした買い物から旅行まで、よく幼いころから家族で出かけていました。 この時期になると、から […]
Read More

2015年11月13日

11月 13, 2015
明日は月末から始まる個展の搬入です。少し早めに持って行って、会場でなんだかんだと悩む時間を長くとれるようにしようと思い、 このスケジュールになりました。今日は梱包作業をやっていたのですが、いつも展示の搬入直前はなんだか落ち着かない。の一言に尽きます。 そんな気持ちの中、全部梱包し終えて、ふと視線を上げると、いままで隠れていた作品を掛けていたでっぱりが、壁の主役になっていました。 搬入準備でいつもと […]
Read More